よくあるご質問

相続人の一人が行方不明で連絡も取れないのですが、この場合、遺産分割はできないのですか?

相続人の一人が行方不明の場合、利害関係人は、家庭裁判所に対して行方不明の相続人について、不在者財産管理人選任の申立を行うことができます。

不在者の財産管理人に選任された者の権限は、一定限度に制約されており、何でも出来るわけではないのですが、裁判所の許可を得れば、遺産分割協議をすることもできるようになります。

また、当該行方不明者が7年以上生死不明の状態が続いている場合、家庭裁判所は利害関係人の請求により、当該行方不明者についての失踪宣告の申立を行うことができます。行方不明者に対する失踪宣告の審判が確定すると、失踪期間満了時に死亡したものとみなされます。

ページトップへ

  • 前へ